オーガニックについて

オーガニックが考える防腐剤。〇〇無添加の真実!

こんにちは^ ^

オーガニックヘアケアスタイリストの
和佳奈です!

 

今日は防腐剤のお話です。

ヘアケアやスキンケアを選ぶ時
何を基準に選びますか?

〇〇無添加や防腐剤不使用!
などもあなたの基準になりますか??

 

実は
それはとても危険です!

 

いやいや、待って!

オーガニックを取り扱ってるんだよね?
オーガニックなのに防腐剤入ってるの⁉︎

なんていうご質問、
たくさんあるんです!

 

説明させていただきます!

 

オーガニックの基準の元では
「お客様にとって安全に使えるために」
厳しい基準で決められた範囲内で
防腐剤を使うことを定められています。

 

防腐剤は
•水を使う商品全て
•濡れた手で触れる製品
に添加されています。

(酸化防止剤は
オイルなどの酸化を防ぐために使用されます)

防腐剤は肌刺激が強いから
使用しない方がいいということは
むしろ危険です!

 

海外の事例では
化粧品の防腐ミスによる
失明や死亡事例があるほどです。

〇〇無添加といことで
「よく見せる」ための企業戦略の一つでもあります。

 

もちろん
なるべく自然なもので防腐効果をということで
「化学合成された防腐剤無添加」
ということはありますよ!
(→抗菌効果のある植物のエキスや精油を使用したものなどがあります。)

ただし
石油系のもの、
合成されたもの防腐力には敵わないのです。

開封後は
それぞれの環境や使用法も違いますので
早めのご使用をお勧めします◎

 

ではなぜ防腐剤無添加と書いているのか。

化粧品は
最終的に製品に残っている成分の記載が義務付けられています。

このニュアンス
なんとなくわかりますか??

化粧水を例とします。

ベースとなる水。

精製水、
植物や花から抽出された蒸留水
などがありますが
これはすでに防腐剤が「添加」されています。

ということは
既に防腐することがないわけです!

その他
成分抽出に使われた薬剤なども
記載義務がありません。

そうなると
記載されていなくとも
「添加」されているのです。

もし本当に何も防腐されていないとしたら
「開封後すぐに使い切る商品」

または

「消費者の安全をしっかり考えているのか?」
という疑問が残ります。

 

何も使われてない方が
優しいなどと感じるかもしれません。

ですが
「お客様が使用している間の安心安全」
そこまで考えられているのが本物のオーガニック。

少なくとも私は
そういった製品を選びたいと思います!

選ぶ際最もわかりやすいのは
COSMOSなどの認証マークのものを選ぶというもの。

ただし認証がなくとも
同等の商品、思いのある会社様は
沢山あります!

商品選びの際の
参考にしてくださいませ。